HOME > G1レース予想&回顧 > G1レース2018

My Horse Style

安田記念

安田記念

予想

◎ペルシアンナイト
3歳でマイルCSを勝った底力あるハービンジャー産駒。
大阪杯でも爆発的な末脚で追い込んできて2着。
マイルのここは好条件だ。

○サングレーザー
ディープインパクト産駒で実績も十分だが、ダービージョッキーとなった福永騎手の手綱捌きに注目したい。

▲スワーヴリチャード
今回が初のマイル戦。
東京コースならさほど問題無いような気もするが、やはりG1となると勝負所で影響もあるような気がする。

△モズアスコット
先週の安土城Sからなんと連闘で挑んできた。
能力的には十分だと思うが、どうだろう?

△ヒーズインラブ
人気薄だが勢いに乗ったハービンジャー産駒は侮れない。

リアルスティールは昨年と同じくドバイ帰りが不安。
外国馬ウエスタンエクスプレスは日本馬が能力上と見て無印。

馬券---馬連・3連複  5頭BOX

レース結果

1着 
2着 
3着 
4着 
5着 

的中…

終わってみれば・・・

日本ダービー

日本ダービー

予想

◎ワグネリアン
弥生賞でダノンプレミアムに負け、皐月賞では後方から追い込むもなかなか伸びず、挟まれる不利もあり7着。
3連勝した2歳時の勢いは無いが、ジリジリ伸びる脚質がダービーの最後100mで生きるイメージはある。
父ディープインパクト、母父キンカメの日本ダービー血統爆発に期待したい。

○ステルヴィオ
皐月賞は追い込むも先行勢に届かず4着。
勝ったエポカドーロはスプリングSで差し切っており、問題はダノンプレミアムとの力関係か。
朝日杯FSでは完敗したが、臨戦過程の順調さはプラス。距離は父ロードカナロアでギリギリな感じ。

▲ダノンプレミアム
皐月賞を挫跖で回避。この影響がどうか?
先行タイプで内枠はプラスだが、直線早々に先頭に立って最後まで持つのか?
スピードでは一番だと思うが・・・。

△キタノコマンドール
ステルヴィオと同じく皐月賞では届かなかった組。
能力的には差が無さそうで、M.デムーロの勝負強さも有り。

△ブラストワンピース
3戦3勝と底を見せていない。
昨年からG1で力を見せるようになったハービンジャー産駒というのも注目。

3頭が大逃げした皐月賞とは全く違うレースになると予想。
皐月賞で追い込んできた組を上位にした。

馬券---馬連・3連複  ワグネリアン軸で流し

レース結果

1着 ワグネリアン
2着 エポカドーロ
3着 コズミックフォース
4着 エタリオウ
5着 ブラストワンピース

的中…無し

終わってみれば・・・

ワグネリアンが好位追走から追い比べを制して優勝。福永祐一騎手が悲願のダービー初制覇!
予想通り、残り100mから伸びた・・・いや、ラスト1ハロン12秒2もかかっているから粘り切ったというべきか。
ややスローペースだったものの、2分23秒6の好時計決着はどの馬にもきつかった。

まず皐月賞馬エポカドーロが積極果敢に逃げる意外な展開。
そして外枠からワグネリアンも先行しダノンプレミアムと同じ位置取りにも驚いた。
そのままエポカドーロが先頭で直線もなかなか譲らない。
これ程までにしぶといとは・・・皐月賞馬の実力を軽視していた。
ダノンプレミアムはその直後にいて内にスペースもあったが伸びず。やはりスタミナ比べとなるときつかった。

ワグネリアンは先行策を選んだ福永騎手の好騎乗。そしてその必死のムチに応えてエポカドーロを差し切った。
印は最後までステルヴィオと迷ったが、本命にして良かったと思う。
単勝馬券にしていれば・・・とも思ったが、それほど自信も無かったんだから仕方が無い。

3着にはこれも先行して粘った大穴コズミックフォース。この馬も父キングカメハメハ、母父ネオユニヴァースの日本ダービー血統だった。もしやと気にはなったが、さすがに買えず。。
ブラストワンピースはスタートで後手を踏み、直線ではそのコズミックフォースに前を塞がれ外に出すロスが痛かった。
ステルヴィオとキタノコマンドールは後方の位置取りで勝負に参加できず。
3着争いは先行馬と差し馬で僅差に。大混戦のダービーだった。

オークス

オークス

予想

◎アーモンドアイ
桜花賞は圧巻の末脚だった。
今回は舞台が府中、距離も伸びて更にパフォーマンスを見せつけてくれることだろう。
馬場の真ん中をディープインパクトの様に突き抜けて来る姿が目に浮かぶ。

○ロサグラウカ
2戦2勝と無敗だが、新馬と500万条件のみで強いメンバーと当たるのは初。
あくまで未知数だが買うならまだ人気の無いここしかない。
強味は2200mの距離経験。

▲サトノワルキューレ
フローラSの追い込み一気は強かったが、メンバー強化のここで通用するか。
2400mの距離経験もあるし、ディープインパクト産駒という点も良い。

△マウレア
アユサンの妹。勝つまでの力は無いだろうが、3着争いなら。

△ラッキーライラック
2000mまでなら対抗というところだが、あのスピードを2400m持続するのは難しいと見て押さえまで。


馬券---馬連・ワイド・3連単  アーモンドアイ頭で流し。

レース結果

1着 アーモンドアイ
2着 リリーノーブル
3着 ラッキーライラック
4着 レッドサクヤ
5着 マウレア

的中…無し
※アーモンドアイ-ラッキーライラックのワイドはオッズ低すぎて買わず。

終わってみれば・・・

断然の一番人気に推されたアーモンドアイが直線先頭に立つと独壇場、圧巻の2冠達成。
スタートしてやや行きたがり道中6番手追走と意外な位置取りだったが、今回も上がり33秒2の豪脚を繰り出し圧勝。
リリーノーブルを交わす際にやや抵抗され、斜行した以外は全く危なげなかった。
勝ち時計もジェンティルドンナ以来の好時計をマーク。
もはや同世代の牝馬に敵はいない。今後は秋華賞で3冠達成し、牡馬勢・世界との戦いになるだろう。

2.3着も桜花賞の結果が入れ替わった結果だった。
リリーノーブルは内枠を生かした好走だったが、ラッキーライラックは伸び悩み、予想した通り距離が長いように感じた。
だが秋華賞でも逆転は難しいだろう。

5着マウレア、6着サトノワルキューレはこれで目一杯な感じ。
先行勢有利な流れで、外枠から後方になったロサグラウカは10着。枠順次第ではもう少し上を狙える。

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル

予想

◎ソウルスターリング
昨年のオークス馬。だがそれ以降古馬王道路線を選んで勝ち星なし。
前走阪神牝馬Sも追ってから伸びず、牝馬同士でも厳しい結果だった。
だがここまで人気を落とすなら、逆に狙ってみたい。復活するなら混戦のここだ。

○リスグラシュー
東京マイルG3で2戦2勝。
東京新聞杯では牡馬勢も破った。
距離もマイルがベストでここは勝負。

3頭目は当てる自信が無いので今回はここまで


馬券---単勝 ソウルスターリング 
   馬連・ワイド  ソウルスターリング-リスグラシュー

レース結果

1着 ジュールポレール
2着 リスグラシュー
3着 レッドアヴァンセ
4着 アエロリット
5着 ミスパンテール

的中…無し

終わってみれば・・・

8番人気ジュールポレールが優勝。
昨年の3着馬でサダムパテックの半弟だから無くもないのだが、全くノーマークだった。
ハナ差で一緒に追い込んだリスグラシュー。これは良かったのだが。
ソウルスターリングは中団から外に出して追い出したが、あまり反応無く最後は伸びてきたが7着。
雨で稍重馬場のせいもあったか走りのフォームもイマイチだった。

NHKマイルカップ

NHKマイルカップ

予想

◎タワーオブロンドン
ここまで重賞2勝、朝日杯3着と実績・安定感は抜群。鞍上もルメールで万全。
朝日杯で先着を許した2頭が不在のここはかなり有力と見る。

○ミスターメロディ
新馬戦(ダート)での圧勝で目を引いたが、5戦目で初芝となった前走ファルコンSを快勝。
一介のダート馬では無いことを証明し、芝での更なる可能性に夢が広がる。
福永はガチガチの人気馬よりもこの位がいい。

▲ダノンスマッシュ
もみじS快勝も、その後は5-7-5着と伸び悩み。その分人気は落ちてるから穴候補として期待。

△ロックディスタウン
前走フラワーCは1番人気に推されたものの最下位18着。スタートで他馬と接触など不利もあった。
大物感あるオルフェーヴル産駒だし、広い東京コースでスムーズにレースが運べれば。


馬券---馬連・ワイド・3連複 4頭BOX

レース結果

1着 ケイアイノーテック
2着 ギベオン
3着 レッドヴェイロン
4着 ミスターメロディ
5着 プリモシーン

的中…無し

終わってみれば・・・

6番人気ケイアイノーテックが後方から追い込み勝ち。
2着ギベオンでディープインパクト産駒のワンツー。
今年はディープ産駒は買わなかったので完全にハズレ。

タワーオブロンドンは窮屈になった内から抜け出せず、最後は進路が無く手綱を引く状態で12着惨敗。
全くレースになっておらず参考外。

ミスターメロディは4着だったが、掛かり気味に先行した割には最後まで残った。負けて強しの印象。

7着ダノンスマッシュも好スタートからスピードのあるところを見せた。
スタミナは無さそうなので1400m以下でまた見てみたい。

またしても最下位になったロックディスタウンはパドックでも暴れ、レースも掛かりっきりで4コーナーでもう終わっていた。
今後は身体能力以前に精神面が課題だ。

天皇賞(春)

天皇賞(春)

予想

◎レインボーライン
昨年は大敗したが、今年は阪神大賞典を勝って臨んできた。
マイル〜3000m以上まで対応できるスピードとスタミナのバランス。好調をキープできてれば。

○トーセンバジル
初年度のハービンジャー産駒でパッとしなかったが、昨年末の香港ヴァーズで見せ場有る3着。今回もM. デムーロ騎乗で期待できる。

▲アルバート
3000m以上なら重賞4勝も、全てムーア騎乗。日本人騎手ではパッとしないが、今回はルメール。過去は2戦して6-4着だがどうだろう?

△シュヴァルグラン
前走大阪杯13着はさすがに負けすぎだが、今回はボウマンに手が戻る。3着以内は十分あるかと。


馬券---馬連・3連複 4頭BOX

レース結果

1着 レインボーライン
2着 シュヴァルグラン
3着 クリンチャー
4着 ミッキーロケット
5着 チェスナットコート

的中…馬連 10.3倍

終わってみれば・・・

早目に先頭に立ち粘るシュヴァルグランをゴール前で内から差し切ったレインボーラインがG1初勝利。
出走馬のレベルが下がりレースタイムも遅く、上がりも掛かって直線では大混戦となったが、人気2頭での決着。
これまでG1で度々見せ場のあったレインボーラインの勝利は納得の結果だった。
しかしゴール時に故障してしまったのは残念。

シュヴァルグランもゴール直前までよく先頭に立ちはだかったが、目標にされてしまったから仕方ない結果だろう。
やはりボウマンなら走るということか。

3着は買わなかったクリンチャーが来てしまい、馬券的中は馬連のみ。
トーセンバジルは4コーナーでいい位置に押し上げたが、そこでスタミナを消耗したのか最後まで持たず6着。
アルバートは中団のまま見せ場無く8着。3200mでは距離不足で上がりのスピードが足りずということか。

皐月賞

皐月賞

予想

◎ ワグネリアン
◯ ジャンダルム
▲ タイムフライヤー
△ グレイル

大本命ダノンプレミアムの回避で混戦模様。
レース前夜〜午前中にかけて降雨で馬場は緩くなるだろう。
ワグネリアン、タイムフライヤーと重を勝ってきている馬は買いやすい。

末脚ならワグネリアン。だが、中山コース向きとは言い難い。
それでもダービーを見据えて3着までなら。

ジャンダルムは逆に器用貧乏という感じで、決め手は無いけど安定感はある。
内枠に入ったのはプラスだろう。

昨年末のホープフルSを勝って皐月賞候補となったタイムフライヤーだったが、トライアル若葉Sで5着凡走。人気を落としている。
確かに見せ場も無かったが、叩いて上積みあればまだ見限れない。

グレイルも共同通信杯で凡走し人気薄。こちらも復調すれば面白い。

馬券は以上4頭からだが、2戦2勝の良血キタノコマンドールも気になる。
桜花賞のアーモンドアイに続いてロードカナロア産駒ステルヴィオが勝ってしまうかも・・・なんて予感もするのだが。


馬券---馬連・ワイド・3連複 4頭BOX

レース結果

1着 エポカドーロ
2着 サンリヴァル
3着 フェネラーレウーノ
4着 ステルヴィオ
5着 キタノコマンドール

的中…無し

終わってみれば・・・

スタートから3頭が競り合い大逃げする特殊な展開。好位置でレースを進めた7番人気エポカドーロが優勝。
人気馬達は後方に控え、重馬場も影響したか追い込みも効かずに敗退した。

桜花賞

桜花賞

予想

◎ ラッキーライラック
◯ アーモンドアイ
▲ フィニフティ
△ トーセンブレス
△ マウレア
☓ アンヴァル

新馬戦から見てピックアップしたのが、この6頭。
どれが勝っても納得だけど、やはり中心はラッキーライラックだと思う。
出走メンバー中唯一の無敗、4戦全勝。
チューリップ賞の勝ち方から、現時点では能力が一枚上と見た。
敢えて不安点を挙げるとすれば、最内枠に入ったこと。
馬群に押し込められるような展開になった時、石橋脩騎手がどう出るかだ。

一番夢があるのはアーモンドアイ。
母フサイチパンドラは妙に品があり好きな馬だった。
シンザン記念での追い込み圧勝を再現できれば最高だが、余り例を見ないローテーションだけに未知数だ。

フィニフティはまだキャリア2戦でメンバー中最もレース経験が少ない。
但し、全兄ステファノスの良血馬でディープインパクト産駒なら可能性はある。

マウレアはアユサンの全妹で早くから注目していたが、ラッキーライラックに連敗中。
余程の成長が無ければ末脚比べでは分が悪いかと。
トーセンブレスもラッキーライラックには歯が立たないが、末脚は良い物を持っている。

アンヴァルは2歳時に1200mで3連勝。
前走1400mでは負けており、母アルーリングボイスの影響が大きければ1600mは長いのかも知れない。

馬券---3連複 6頭BOX
   馬連 ディープインパクト産駒3頭(フィニフティ、マウレア、トーセンブレス)BOX

レース結果

1着 アーモンドアイ
2着 ラッキーライラック
3着 リリーノーブル
4着 トーセンブレス
5着 マウレア

的中…無し

終わってみれば・・・

アーモンドアイが大外強襲。脅威の上がり33秒2で母娘G1制覇!
レコード決着となるハイペースも味方したが、他馬に1秒以上差をつける上がり脚は桁が違った。
シンザン記念で牡馬を破ったのは伊達では無かったということ。
心配された久々の競馬も問題無かった。

ラッキーライラックは正攻法からの競馬で満を持して先頭に立ったが、アーモンドアイの豪脚には為す術が無かった。
リリーノーブル以下には完勝で、正に相手が悪かったということだろう。

馬券はリリーノーブルを押さえて無く惨敗だったが、夢が広がるアーモンドアイの勝利だった。

大阪杯

大阪杯

予想

◎ サトノダイヤモンド
スワーヴリチャード
トリオンフ
アルアイン

ドバイ国際競走とかぶる日程だが、かなり好メンバーが揃った。

凱旋門賞で惨敗したサトノダイヤモンドが叩き2走目で復活なるか?
十分勝ち切れる相手だとは思うのだが。

明け4歳勢が多数いる中で一番強いと思うスワーヴリチャードが対抗。

そして上がり馬のトリオンフ。
小倉大賞典の勝ちっぷりが良かった。
血統は地味だけど、勢いに期待。

皐月賞馬アルアインは久々の2000mがプラスになれば。

馬券---馬連・3連複 BOX

レース結果

1着 スワーヴリチャード
2着 ペルシアンナイト
3着 アルアイン
4着 ヤマカツエース
5着 ミッキースワロー

的中…無し

終わってみれば・・・

向こう正面捲りで先頭に立ったスワーヴリチャードがそのまま後続を退けて優勝。
遂に念願の初G1制覇!
上位3着は4歳勢が独占。

スワーヴリチャードは出負けしたが、向こう正面でペースが落ちると一気に先頭へ並ぶ。
M・デムーロ騎手のこの戦法は、ドバイWCを勝ったヴィクトワールピサを彷彿とさせた。
掛かったのならゴールまで持たないが、そうでは無かった。
4歳勢ではこの馬と思っていただけに、この結果には納得。

予想でミスったのは2着ペルシアンナイトを軽視したこと。
前走中山記念で5着に負けたことで、マイラーと見て評価を下げてしまった。

3着にアルアイン。やはり2000mの方がいい。皐月賞馬が底力を見せてくれた。

トリオンフはスワーヴリチャードと同じく後方から道中で押し上げた口だが、こちらは息が持たず9着。

案外だったのはサトノダイヤモンド。
内枠が災いしたか、内ラチ沿いで窮屈な競馬を強いられた。
直線で外へ持ち出したが、伸びずに7着敗退。
残念な結果だったが、もっと伸び伸び走れる位置取りだったらどうだったか?
力落ちと決めつけるのはまだ早い気もする。

高松宮記念

高松宮記念

予想

◎ レッドファルクス
◯ レッツゴードンキ

このメンバーの中では安定感抜群のレッドファルクス。
特に1200m戦では決め手に勝る。
相手は桜花賞馬レッツゴードンキ。
昨年このレース2着、スプリンターズSも2着。
1200mなら十分勝ちも狙える。

馬券---馬連1点

レース結果

1着 ファインニードル
2着 レッツゴードンキ
3着 ナックビーナス
4着 ダンスディレクター
5着 ブリザード

的中…無し

終わってみれば・・・

まずレッドファルクスは3〜4コーナーで後ろからの2頭目の位置取り。
これを見て、いくら末脚があっても届かないだろうと半ば諦めた。
上がり最速で追い込んだが馬券には全く絡めない8着。
スタートは良かったのに下がってしまったのは、近走1200m戦から離れたローテーションの影響もあったかも?

レッツゴードンキは直線に入って力強く先頭に立ったが、あと少しというところでファインニードルに交わされてしまった。
一瞬勝ったかと思ったほどで、本当に惜しかった。