HOME > G1レース予想&回顧 > G1レース2018

My Horse Style

皐月賞

皐月賞

予想

◎ ワグネリアン
◯ ジャンダルム
▲ タイムフライヤー
△ グレイル

大本命ダノンプレミアムの回避で混戦模様。
レース前夜〜午前中にかけて降雨で馬場は緩くなるだろう。
ワグネリアン、タイムフライヤーと重を勝ってきている馬は買いやすい。

末脚ならワグネリアン。だが、中山コース向きとは言い難い。
それでもダービーを見据えて3着までなら。

ジャンダルムは逆に器用貧乏という感じで、決め手は無いけど安定感はある。
内枠に入ったのはプラスだろう。

昨年末のホープフルSを勝って皐月賞候補となったタイムフライヤーだったが、トライアル若葉Sで5着凡走。人気を落としている。
確かに見せ場も無かったが、叩いて上積みあればまだ見限れない。

グレイルも共同通信杯で凡走し人気薄。こちらも復調すれば面白い。

馬券は以上4頭からだが、2戦2勝の良血キタノコマンドールも気になる。
桜花賞のアーモンドアイに続いてロードカナロア産駒ステルヴィオが勝ってしまうかも・・・なんて予感もするのだが。


馬券---馬連・ワイド・3連複 4頭BOX

レース結果

1着 
2着 
3着 
4着 
5着 

的中…

終わってみれば・・・

桜花賞

桜花賞

予想

◎ ラッキーライラック
◯ アーモンドアイ
▲ フィニフティ
△ トーセンブレス
△ マウレア
☓ アンヴァル

新馬戦から見てピックアップしたのが、この6頭。
どれが勝っても納得だけど、やはり中心はラッキーライラックだと思う。
出走メンバー中唯一の無敗、4戦全勝。
チューリップ賞の勝ち方から、現時点では能力が一枚上と見た。
敢えて不安点を挙げるとすれば、最内枠に入ったこと。
馬群に押し込められるような展開になった時、石橋脩騎手がどう出るかだ。

一番夢があるのはアーモンドアイ。
母フサイチパンドラは妙に品があり好きな馬だった。
シンザン記念での追い込み圧勝を再現できれば最高だが、余り例を見ないローテーションだけに未知数だ。

フィニフティはまだキャリア2戦でメンバー中最もレース経験が少ない。
但し、全兄ステファノスの良血馬でディープインパクト産駒なら可能性はある。

マウレアはアユサンの全妹で早くから注目していたが、ラッキーライラックに連敗中。
余程の成長が無ければ末脚比べでは分が悪いかと。
トーセンブレスもラッキーライラックには歯が立たないが、末脚は良い物を持っている。

アンヴァルは2歳時に1200mで3連勝。
前走1400mでは負けており、母アルーリングボイスの影響が大きければ1600mは長いのかも知れない。

馬券---3連複 6頭BOX
   馬連 ディープインパクト産駒3頭(フィニフティ、マウレア、トーセンブレス)BOX

レース結果

1着 アーモンドアイ
2着 ラッキーライラック
3着 リリーノーブル
4着 トーセンブレス
5着 マウレア

的中…無し

終わってみれば・・・

アーモンドアイが大外強襲。脅威の上がり33秒2で母娘G1制覇!
レコード決着となるハイペースも味方したが、他馬に1秒以上差をつける上がり脚は桁が違った。
シンザン記念で牡馬を破ったのは伊達では無かったということ。
心配された久々の競馬も問題無かった。

ラッキーライラックは正攻法からの競馬で満を持して先頭に立ったが、アーモンドアイの豪脚には為す術が無かった。
リリーノーブル以下には完勝で、正に相手が悪かったということだろう。

馬券はリリーノーブルを押さえて無く惨敗だったが、夢が広がるアーモンドアイの勝利だった。

大阪杯

大阪杯

予想

◎ サトノダイヤモンド
スワーヴリチャード
トリオンフ
アルアイン

ドバイ国際競走とかぶる日程だが、かなり好メンバーが揃った。

凱旋門賞で惨敗したサトノダイヤモンドが叩き2走目で復活なるか?
十分勝ち切れる相手だとは思うのだが。

明け4歳勢が多数いる中で一番強いと思うスワーヴリチャードが対抗。

そして上がり馬のトリオンフ。
小倉大賞典の勝ちっぷりが良かった。
血統は地味だけど、勢いに期待。

皐月賞馬アルアインは久々の2000mがプラスになれば。

馬券---馬連・3連複 BOX

レース結果

1着 スワーヴリチャード
2着 ペルシアンナイト
3着 アルアイン
4着 ヤマカツエース
5着 ミッキースワロー

的中…無し

終わってみれば・・・

向こう正面捲りで先頭に立ったスワーヴリチャードがそのまま後続を退けて優勝。
遂に念願の初G1制覇!
上位3着は4歳勢が独占。

スワーヴリチャードは出負けしたが、向こう正面でペースが落ちると一気に先頭へ並ぶ。
M・デムーロ騎手のこの戦法は、ドバイWCを勝ったヴィクトワールピサを彷彿とさせた。
掛かったのならゴールまで持たないが、そうでは無かった。
4歳勢ではこの馬と思っていただけに、この結果には納得。

予想でミスったのは2着ペルシアンナイトを軽視したこと。
前走中山記念で5着に負けたことで、マイラーと見て評価を下げてしまった。

3着にアルアイン。やはり2000mの方がいい。皐月賞馬が底力を見せてくれた。

トリオンフはスワーヴリチャードと同じく後方から道中で押し上げた口だが、こちらは息が持たず9着。

案外だったのはサトノダイヤモンド。
内枠が災いしたか、内ラチ沿いで窮屈な競馬を強いられた。
直線で外へ持ち出したが、伸びずに7着敗退。
残念な結果だったが、もっと伸び伸び走れる位置取りだったらどうだったか?
力落ちと決めつけるのはまだ早い気もする。

高松宮記念

高松宮記念

予想

◎ レッドファルクス
◯ レッツゴードンキ

このメンバーの中では安定感抜群のレッドファルクス。
特に1200m戦では決め手に勝る。
相手は桜花賞馬レッツゴードンキ。
昨年このレース2着、スプリンターズSも2着。
1200mなら十分勝ちも狙える。

馬券---馬連1点

レース結果

1着 ファインニードル
2着 レッツゴードンキ
3着 ナックビーナス
4着 ダンスディレクター
5着 ブリザード

的中…無し

終わってみれば・・・

まずレッドファルクスは3〜4コーナーで後ろからの2頭目の位置取り。
これを見て、いくら末脚があっても届かないだろうと半ば諦めた。
上がり最速で追い込んだが馬券には全く絡めない8着。
スタートは良かったのに下がってしまったのは、近走1200m戦から離れたローテーションの影響もあったかも?

レッツゴードンキは直線に入って力強く先頭に立ったが、あと少しというところでファインニードルに交わされてしまった。
一瞬勝ったかと思ったほどで、本当に惜しかった。